包丁名:菜切

鋼:青紙2号

仕上げ:黒打

柄:PC朴木

刃型:両刃

刃渡り:270mm

 

彫金師

浅村隆夫

昭和24年生まれ

秋田県大館市出身

当初 勤めていた職場が装飾品に関わりがあり、 そこで見た鷹の肉彫りを施

したカフスに魅了され、当時の先輩の勧めもあって、20歳を前にして彫金師

の石原清孝氏の内弟子となる。その後25歳で職人として独立。28歳で

当時、刀装具の第一人者といわれた服部雅永氏に師事し、鍔や目貫、 第、

小柄など、刀の部位製作にも携わる。以来半世紀、現在では数少ない彫金師

の一人として多くの工芸品の製作を続ける。

浅村氏は彫金の魅力とは 「冷たい無機物で