包丁名:菜切

鋼:青紙2号

仕上げ:黒打

柄:PC朴木

刃型:両刃

刃渡り:270mm

 

彫金師

浅村隆夫

昭和24年生まれ

秋田県大館市出身

当初 勤めていた職場が装飾品に関わりがあり、 そこで見た鷹の肉彫りを施

したカフスに魅了され、当時の先輩の勧めもあって、20歳を前にして彫金師

の石原清孝氏の内弟子となる。その後25歳で職人として独立。28歳で

当時、刀装具の第一人者といわれた服部雅永氏に師事し、鍔や目貫、 第、

小柄など、刀の部位製作にも携わる。以来半世紀、現在では数少ない彫金師

の一人として多くの工芸品の製作を続ける。

浅村氏は彫金の魅力とは 「冷たい無機物である金属に命を吹き込む」ように

感じるところにあると話す。

したものである。彫金には様々な技法があるが、片切彫りは単純ではあるもの

の、それゆえに最も上手い、 下手があらわれる技法で、 一発勝負で彫ることか

ら、やり直しがきかないという難しさがある。

跡は色や艶やかさは何とも言えぬ美しい仕上がりとなっている。

 

菜切包丁は家庭で一般的に使われている野菜切り包丁です。
野菜切り包丁と呼ばれていますが、いろいろな調理に使用できます。両刃で、安全を考慮して切れ先は丸くなっており使いやすい包丁です。昔ながらの菜切包丁は、男女を問わず料理好きの人達に大好評の包丁です。

 

■魚の骨や冷凍食品など固いものを切ることには向いていません。その際には専用の包丁をご使用ください。

菜切 青紙2号 黒打 PC朴木柄 270mm

¥33,800価格